石のトイレ

石は賛沢すぎる素材とお考えですか?
~実は従来のトイレとほぼ同じ予算で、高級感あふれる石のトイレができてしまうのです。~

日本庭園の例をひくまでもなく、石は木、土、焼き物、萱、竹など、何と合わせてもしっくりとなじむ自然素材です。博石館ストーントイレでは、「石の建物は長く地域の皆様に愛されるモニュメント」との考えから、さまざまな素材と組み合わせて地域性を前面にだしたデザイン設計を提案しています。

建物それ自体がオブジェになる。

石で建物を造る。そのこと自体、モニュメントとしての意味あいが生まれてきます。四千年前のビラミットがこの世に姿をとどめているように石造建築は一度造ると半永久的な寿命を待つからです。

新工法によりローコスト化を実現。

博石館は石材建築を進化させる、多くの工法を提案してきました。ここでも型枠をつかわない工法や内外装を一体にした工法など独白の工法が用いられ工期の短縮とローコスト化がはかられています。

あなたのイメージを形にして、後世に残します。

工場作業を多く、現場作業を少なく。

現場での作業をスムーズにし、工期をできるだけ短縮するため、石材の多くは工場で加工されて現場に運ばれます。さらに現場ではクレーン作業を中心にして、システマチックに進められています。

落書に強い、酸に強い、塩害に強い。

自然界を何億年も生きてきた石は、耐磨耗性にすぐれ、酸性雨にも、海岸近くの塩害にも強い素材。不心得な落書もバーナーで焼いて修復ができます。また洗剤などの薬品にもほとんど影響されません。

石は、木や、土壁とも相性がよい。

日本庭園で分かるように石は、木、土、焼物、萱など、どんな素材をもってきてもしっくりなじむ自然素材。異なる素材との組み合せは、自由です。ストーントイレは地域地域の特色を表現できます。

石は遮音性があり音もれが小さい。

ストーントイレは石を内装材として使うだけでなく、一枚の壁としても使用しています。したがって石そのものが持つ遮音性の高さと、充分な石厚とを合わせ、気になる音もれの不安が少ないのです。

ストーントイレの施工例

ストーントイレ規格品一覧

オーバル
博石館の石のトイレの元祖。岐阜県にある石の博物館・ストーンミュージアム博石館にも設置してある、2F建ての豪華なトイレです。

岩蔵(いわぐら)
厳荘な風格とあふれる気品。ギリシャの神殿を彷彿させるような大型のトイレです。

爽石(そうせき)
なんと、無垢石の壁の上に土壁を塗った、トイレです。石ならではの機能をそのままに、やさしい日本情緒を表現したい時などに。

岩屋(いわや)
石の厚さがかもす重厚感。大きな石の面と面でつくる空間構成は本物のみがもつ迫力と高級感を備えています。

岩室・洋(いわむろ・よう)
ルーフまで石で造られた一人用トイレの岩室。燦々と差すトップライトが明るさと清潔さを演出します。

岩室・和(いわむろ・わ)
石と木を組み合わせた岩室。壁の石が厚いため、音もれの心配はすくなく、掃除もしやすい設計です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 石のトイレ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

コメントは受け付けていません。